観客席視点からの立ち技系女子格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボクシング 日本人女子王者一覧 2019年8月 ボクシング女子

Belts_edited-1

世界チャンピオン

l_FujiokaNaoko  WBA
女子フライ級 チャンピオン (50.8kg)
藤岡奈穗子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2017年3月13日獲得 防衛2回

天海ツナミ WBO
女子ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2018年3月8日獲得 防衛1回

岩川美花 WBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
岩川美花 いわかわみか(高砂)
2018年7月29日獲得 防衛0回

Saemi Hanagata IBF
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2018年9月29日獲得 防衛0回

miyao WBA
アトム級 暫定チャンピオン (46.26kg)
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)
2018年11月20日獲得 防衛0回

comingsoon WBO
ミニマム級チャンピオン(47.62 kg)
佐伯霞 さえきかすみ(真正)
2019年4月27日獲得 防衛0回

吉田実代 WBO
女子スーパーフライ級チャンピオン (52.16kg)
吉田実代 よしだみよ(EBISU K`s BOX)
2019年6月19日獲得 防衛0回

東洋太平洋/アジアチャンピオン

チャオズ箕輪 OPBF東洋太平洋
女子フライ級チャンピオン (50.8kg)
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ)
2016年12月13日獲得 防衛0回

comingsoon OPBF東洋太平洋
女子スーパーフライ級チャンピオン (52.16kg)
ぬきてるみ(井岡弘樹)
2017年4月22日獲得 防衛0回

tada WBAアジア
女子ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
緒方汐音 おがたしおね(寝屋川石田)
2018年2月11日獲得 防衛0回

Wakako_Fujiwara OPBF東洋太平洋
女子フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
2018年7月23日獲得 防衛1回

tada WBOアジアパシフィック
女子ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
緒方汐音 おがたしおね(寝屋川石田)
2018年9月2日獲得 防衛0回

Matsuda OPBF東洋太平洋
アトム級チャンピオン (46.26kg)
松田恵里 まつだえり(TEAM10COUNT)
2018年12月1日獲得 防衛1回

tada OPBF東洋太平洋
女子ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
緒方汐音 おがたしおね(寝屋川石田)
2019年4月14日獲得 防衛0回

comingsoon OPBF東洋太平洋
ミニマム級チャンピオン(47.62 kg)
廣本江瑠香 ひろもとえるか(広島三栄)
2019年6月9日獲得 防衛0回

日本チャンピオン(日本女子王者)

Matsuda日本アトム級 チャンピオン (46.26kg)
松田恵里 まつだえり(TEAM10COUNT)
2019年3月13日獲得 防衛0回

日本女子フライ級チャンピオン (50.8kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2019年4月14日獲得 防衛0回

comingsoon 日本女子フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
満田美紀 みつだみき(姫路木下)
2019年4月21日獲得 防衛0回

 日本女子ミニマム級チャンピオン(47.62 kg)
千本瑞規 ちもとみずき(ワタナベ)
2019年6月25日獲得 防衛0回

2019年9月2日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

関連記事 JBCさん、女子のライセンスどうなってるの? いつからB級でも東洋タイトルマッチ出来るようになったの? なんのための日本女子王座なの? ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

ランキング
いいねと思ったらシェアおねがいします
QRをフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QR クイーンズ・オブ・ザ・リング

コメント

  1. g1j2p5i5 より:

    >WBAアジア女子ライトフライ級チャンピオン緒方汐音。

    緒方選手、返上ですね。空位の王座はタイのバイトさんと亀田姫月選手が
    決定戦へ。→8・9タイ、バイトさんがUD判定勝ち。姫月選手、初黒星。
    WBAアジア公式サイトにて、緒方選手に変わって王者に認定。

    ところがややこしいことにボクレコ記載によれば、「姫月選手がJBCライセンスを持たないため、この試合をNCに変更」とアナウンス。
    ・WIBAの件でもあったように、基本海外ノータッチのJBCとはいえ(JBC認定ボクサーは未公認王座に絡む時連絡が必要)、事情によっては横槍を入れる?。
    ・姫月選手にライセンスを取らせないのはまだしも、流石にWBAアジアへ挑むのはやりすぎ?。どこまでもいつまでも永久に変わらない、亀田と茶番はセット。
    ・しかしもし、姫月選手が勝ったとしても、横槍は入ったか?。問われる亀田とJBCの癒着・・・。 

    • queensofthering1 より:

      >g1j2p5i5さん 情報ありがとうございます!
      亀田姫月選手、16歳のムエタイ選手とボクシングやって完敗ですか・・。
      スコアも、100−90、99−92、100−90と壮絶ですね。
      それがJBCさんの横槍でノーコンテスト扱い?
      JBCさんのおかげで姫月選手助かりましたね(苦笑)。
      いやー、なにやってるんでしょうか。

  2. g1j2p5i5 より:

    JBCに聞くと「ノーライセンスの選手の、試合結果に関して、ボクレコに携わるようなことはない」との事。姫月選手の件も初耳。しかし名前を出されたのは事実・・・。

    ・亀田といえば、国内屈指のトラブルメーカー。
    となると答えは・・・。
    ・姫月選手が もし勝ってたなら?。

    • queensofthering1 より:

      >g1j2p5i5さん
      JBCさんへの情報確認ありがとうございます!
      なるほど、Boxrecに圧力かけていたことは無いという話なんですね。
      ノーライセンスの日本選手の戦績をBoxrecに載せないような圧力があるという説は
      JBC非公認ボクサー中村優也選手がツイートしてますが、違うんですかね。
      まあ、「はい、圧力かけてます」とは認めないでしょうけど(苦笑)。
      姫月選手の件が初耳というのは妙なお話で。
      だってWBA-ASIAで公式情報出てますよね・・。
      んー、いろいろ変な話ですが、なるべくまとめて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク