item4

シュガーみゆき

SUGAR MIYUKI

・ボクシングIWBF世界ストロー級チャンピオン

白龍(バイロン)ジム所属

・Boxing IWBF World Strawweight Champion

Bai-Long Gym

日本人女性初のプロボクシング世界チャンピオン
item5b
シュガーみゆき Sugar Miyuki

シュガー(華麗なる)のリングネームどおりの技巧派で、強烈なKOパンチもあわせ持つ。

1990年に二十歳でキックボクシングを始め、シュートボクシングのリングを中心に活躍。

しかし、四十キロ台の小柄な身体のため常に体重、体格で不利なマッチメークとなり、1995年の海外トーナメントでは10キロ近く重い選手を相手にした。

結果を出せずに苦しむシュガーは、より自分に適したリングを求めてボクシングに転向。

sideSugarMiyuki

もともと得意であったパンチのコンビネーションを磨き、ボクシングのフットワークを研究すると、シュガーの才能が一気に開花。

国内初の女子プロボクシング選手として注目を集めながら、するどい追い足とスピーディーなパンチで連勝が始まり、1996年9月にはフライ級ヨーロッパ王者をKO、ボクシング7戦全勝と波に乗る。

このころ、一般週刊誌に「女子初の世界チャンピオン」を期待する記事が載る。

1997年3月、世界フライ級王者レジーナ・ハルミッヒ(ドイツ)に挑戦するが、惜しくも判定負け。

同年5月に再起戦を勝利。

7月、IWBF世界ストロー級タイトルマッチでスティシー・プールをKO。日本の女子選手として史上初のボクシング世界王者に。

写真誌や、一般週刊誌、民放、NHKのニュース系番組に何度も登場し、女子ボクシングの存在を広く知らしめる。

1998年2月、ミズーリ州でステファニー・プールの挑戦を受け、KO勝利。

同年4月、飯田覚士井岡弘樹のWBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチの前座でエキシビジョンマッチ(対 菊川未紀)。

同年5月、韓国のイ・ヒョンスクをTKO。

同年10月、両国国技館で引退。

国内に女子のプロボクシング組織が存在しない時代にもかかわらず華々しく活躍し、実績を残したシュガーみゆきの存在は、アマチュアとして活躍する多くの女性ボクサーを勇気づけ、今日の女子プロボクシングの基礎を築いた。

シュガーは、オーソドックスタイプでありながら左の破壊力も素晴らしいため、非常にバランスの良いコンビネーションを組み立てることが出来、KOへとたたみかけるそのボクシングは見る者に鮮烈な印象を残す。末永くボクシング・ファンに語り継がれる名選手である。

引退後は横浜のジムでコーチ業。能島みゆきの名でエキシビジョンマッチをいくつかこなしている(2001年ー土田奈緒子、2002年ー鬼鞍幸子)。

1990

1996.9

1997.7

1998.10

item1b

引退

Retire

デビュー

Debut

フライ級ヨーロッパ

王者をKO

日本初

ボクシング世界王者

item6

日本初女子プロボクシング世界チャンプ誕生 フォーカス FOCUS(新潮社

シュガーみゆき Sugar Miyuki 女子ボクシング初 フォーカス focus
item15

シュガーみゆき Sugar Miyuki 女子ボクシング初

ワールドチャンピオンカーニバル

最強格闘技伝説

シュガーみゆき世界を奪取!

【1997.7.26 後楽園ホール】

シュガーみゆき vs ステーシー・プール

〈VHS VIDEO〉

ワールドチャンピオンカーニバル4

シュガーみゆき

vs ラモナ・ザ・スター・チャクリキ

〈VHS VIDEO〉

最強格闘技伝説

〜真樹日左夫特選十番勝負〜

今蘇る覇王列伝ベストバウト

シュガーみゆき vs 檀智美

DMG-6875〈DVD〉

japanusa4vs4

   

日本vsアメリカ 〜4対4女子決戦〜

【1998.2 アメリカ】

シュガーみゆき vs ステファニー・プール

〈VHS VIDEO〉

→ページのトップにもどる

→ HOME

item8a

このサイトについて

当サイトの内容の無断転載、転用を禁止いたします。

blackback1
item18
item17
item16
item12
item7
a1
a1a
a1a1
a1a1a
anoriko