観客席視点からの立ち技系女子格闘技

レーナ 対 MIKU シュートボクシング速報

レーナRENA vs MIKU11月24日(月・祝) さいたまスーパーアリーナ
SHOOT BOXING シュートボクシング
WORLD TOURNAMENT S-cup2008

第1試合 女子スターティングクラスルール50キロ契約 2分3ラウンド
 レーナ(及川道場) × 判定0-3 ○ MIKU(クラブバーバリアン)
 28-30、28-30、28-30
*2ラウンドにMIKUがシュートポイント1獲得

 1ラウンド
 中間距離で先手を取りたいレーナ選手に対して、MIKU選手は左前蹴りの連打や、ローキックなどで相手の技を未然に阻止。さらに、ロータックルなどでゆさぶりをかけます。

 2ラウンド
 レーナ選手は、ハイキックなどの打撃を見切られ、MIKU選手の組み付きを許して接近距離に持ち込まれてしまいます。組んでからは、ヒザ、または投げ、という選択肢のあるMIKU選手がどうしても有利。
 MIKU選手は打撃を受けながらも強引に組んで鮮やかな投げ。シュートポイント1。

 3ラウンド
 接近戦を望むMIKU選手が自分のペースを維持。キックルールで対戦した時は威力をふるった中間距離でのレーナ選手の打撃は最後まで不発でした。

【復活せよ!女子シュートボクシング】QR特別企画 レーナ 対 MIKU 11月24日 第1ラウンド 詳細
をアップしました。

qbar

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

コメント