観客席視点からの立ち技系女子格闘技

女子ボクシング エリン・マクゴーワン vs アンジー・パー 結果

 Boxing

2009年7月23日(木) オーストラリア オーストラリア首都特別区

スーパーフェザー級 6回戦
エリン・マクゴーワン(オーストラリア)
 判定 3-0
×アンジェラ・リヴェラ・パー(オーストラリア)
エリン・マクゴーワン選手の判定勝利
(60-55、59-56、58-56)

 10戦全勝の*PABAスーパーフェザー級チャンピオン、エリン・マクゴーワン選手が、23日にアンジェラ(アンジー)・パー選手と6回戦をおこなって、ユナニマスデシジョンで勝利。これでマクゴーワン選手は11戦全勝に戦績を伸ばしました。

 対戦相手のアンジェラ・パー選手は先月、ジュリー・キッチン選手とムエタイ世界タイトルマッチを戦ったばかり。ボクシングに、キックに、ムエタイと、精力的な活動に頭が下がります。

 現在の日本にはこのようなマルチファイターは一人もいません。他競技と掛け持ちで活動する選手には、ボクシングのライセンスが発行されないからです。キック/ムエタイの選手で、ボクシングでも活動したいと思っている選手はいるのに、残念なことです。


(昨年、エリン・マクゴーワン選手がPABAスーパーフェザー級タイトルを獲得した時の動画)

この結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

PABAスーパーフェザー級チャンピオン
WBAスーパーフェザー級12位
エリン・マクゴーワン(オーストラリア) 11戦11勝7KO

アンジェラ・リヴェラ・パー 4戦2勝2敗

*PABA(パンアジアボクシング協会) WBA系のアジア太平洋地区認定組織

関連記事 女子ムエタイ ジュリー・キッチン VS アンジェラ・リヴェラ・パー ジャマイカでの決戦

猪崎さんの世界戦のことバナー

qbar

コメント