観客席視点からの立ち技系女子格闘技

女子キックボクシング イム・スジョン Kー1ソウル大会で中国選手に苦戦

 Kick Boxing

2009年9月26日(土) 韓国 ソウル オリンピック第1体育館
K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL -FINAL16-

イム・スジョン選手(2009年8月)Kー1ルール 53kg契約 3分3ラウンド(延長1ラウンド)
イム・スジョン(韓国)
判定3-0
×チェン・チン(中国)
イム・スジョン選手が判定勝利。
(チェン・チン選手は計量を1.8kgオーバーして減点1)
30-29、30-29、30-28

 シュートボクシング参戦に引き続きKー1ソウル大会のスペシャルマッチに登場した韓国女子キックボクシングのエース、イム・スジョン選手ですが、19才の中国散打選手に苦戦した末、3ラウンド判定で辛くも勝利しました。

 判定はきわどい点差でした。チェン・チン選手は中国女子選手「お約束」の「契約体重オーバー」で試合前から減点1となっていたので、これに助けられる形でスジョン選手は勝利しましたが、減点が無ければ延長突入となっていました。

 「試合では思ったことの30パーセントしか出来なくてくやしいです」「相手は思ったよりも基本が出来ていて連打能力が高い選手でした。見習うことが多いです」とスジョン選手はコメントを残しています。

 それにしても、中国選手が「体重制」を理解するのにはまだしばらく時間がかかりそうですね

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

コメント