観客席視点からの立ち技系女子格闘技

女子ボクシング WBO/WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ イナ・メンツァー vs ラモーナ・キューネ 激闘の結末

 Boxing

wbo-1belt-wibfWBC
2010年1月9日(土) ドイツ マグデブルグ市 ボルデランドホール

WBO/WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ
王者 イナ・メンツァー(ドイツ)
VS
挑戦者 ラモーナ・キューネ(ドイツ)

 2010年の世界女子ボクシングのトップをきって、3団体統一フェザー級王者イナ・メンツァー選手が、ひとつ上の階級のWIBF王者ラモーナ・キューネ選手とタイトルマッチで激突しました。


 ご覧のように試合は6回にメンツァー選手の右ストレートがキューネ選手の額(左目の上)を大きく切り裂き、試合続行不可能でメンツァー選手が勝利。

 勝ったメンツァー選手のほうも顔面の腫れがひどく、左目の下が変色するなどキューネ選手のパンチの鋭さを物語っています。
メンツァー選手のダメージがよくわかる動画と写真

WBO/WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ
○王者 イナ・メンツァー(ドイツ)
6回TKO
×挑戦者 ラモーナ・キューネ(ドイツ)
イナ・メンツァー選手のTKO勝利。

 これにより両者の戦績は以下のようになりました。

WBO/WIBF/WBCフェザー級王者
イナ・メンツァー(ドイツ)26戦26勝10KO

WIBFスーパーフェザー級王者
ラモーナ・キューネ(ドイツ)16戦15勝1敗4KO

qbar

コメント

  1. ゆめ より:

    強いな!イナ メンツァー選手。どこまで勝ち星をあげるのか楽しみです。いずれは チェ ヒョンミ選手の統一戦も 見てみたいです。