観客席視点からの立ち技系女子格闘技

韓国体育公団 WBA王者チェ・ヒョンミに1億ウォンの支援金 女子ボクシング

 Boxing

 WBAフェザー級王者チェ・ヒョンミ選手(韓国)は天空ツバサ選手(山木)との試合で人気を得たものの、大会スポンサーが見つからない状態は変わらず4月30日に予定されたタイトル防衛戦の資金繰りに苦しんでいましたが、韓国国民体育振興公団がこの試合を成立させるための資金として1億ウォン(約840万円)を提供することを決定し、14日に授与式を行いました。

 公団は「私たちの自慢のチャンピオンがいい試合で国民にもう一度感動をプレゼントすることを期待します」とコメントを発表、今後も厳しい状況にある不人気種目の選手たちのサポートをおこなう姿勢を明らかにしたということです。

関連記事 チェ・ヒョンミが4月にWBAタイトル防衛戦 相手は暫定王者のクラウディア・アンドレア・ロペス

qbar

コメント

  1. ゆめ より:

    そうなんですか。チャンピオンもつらいなあ。ここは イナ メンツァー選手の 統一戦実現のため 勝たないと。話は 変わりますが、5月18日 OPBFダブルタイトルマッチの選手がでていました。(ボクシングモバイルの試合予定から)2日連続ですね。非常に楽しみです。

  2. H・F より:

    昔は韓国はボクシング王国だったが、今は不人気らしいね。日本人との名勝負なんか数え切れない位なのに、今は全然音沙汰もないからね。だから、韓国も女子を強化し始めてるかもね。日本も方向転換しなかったら、世界に置き去りにされるのに。