観客席視点からの立ち技系女子格闘技

プレイバック 吉田実代 VS エイ・ヤノッツ 2013年12月 試合動画 ムエタイ女子

 Kun Khmer

2013年12月20日(金) カンボジア スワイリエン州  バベット
TITAN FIGHT

クン・クメール 3分3R
吉田実代(日本)青
VS
エイ・ヤノッツ(カンボジア)赤

 数日前の記事で「エイ・ヤノッツ選手は以前に吉田実代選手とも戦った」と書いたところ何人かの方からご質問をいただきましたので、この記事でいま分かっていることをまとめておきます。

 まず、動画をご覧ください。例によって試合開始直前からスタートする設定にしておりますが、動画下部のスライダーを左いっぱいに移動すると、入場時から見ることが出来ます。

 試合の日時や場所は上掲のとおり。試合ルールはおそらくクン・クメール。吉田選手サイドではヒジ無し2分5ラウンドと聞いていたようですが、実際は3分3ラウンドで、相手選手はヒジも打ってきてますね。海外の試合でよく発生する情報の齟齬というやつでしょうか?こういう話の行き違いはコワイです。

 対戦相手はエイ・ヤノッツ選手。当時17才という表記ですが、カンボジアでは一般的に数え年で計算するのでいまの日本式に言えば満16才だと思います。

 エイ・ヤノッツ選手の英語表記はEh YanuthからEi Yanuth、A Yanuthまで何種類もあって、文字を見ただけではなんと読めばいいか分かりませんが、アナウンサーの発音を聞く限りはエイ・ヤノッツが近いようですね。

 彼女の父親はエイ・プトン選手というカンボジアでは有名な格闘家で、クン・クメール、キックボクシング、ムエタイで200試合近く戦って負けがわずか数戦というすごい戦績を残して数年前に引退したそうです。

クン・クメール 3分3R
◯吉田実代 よしだみよ(日本)青
判定
×エイ・ヤノッツ(カンボジア)赤
吉田実代選手の判定勝利
20th December 2013, in Cambodia
Kun Khmer 3x3min
Miyo Yoshida(Japan) won over A Yanuth(Cambodia) by decision.

関連記事 カンボジアムエタイ=クン・クメールの熱戦 ノヴ・スレイポヴ VS ヴィ・スレイチャイ、ヴィ・スレイチャイ VS エイ・ヤノッツ 試合動画 ムエタイ女子

関連記事 シン・トク VS ヴィ・スレイ・チャイ ノーカット動画 カンボジアとラオスとタイの格闘技の関係はどうなっているか クン・クメール女子

関連記事 世界のキックボクシング ミャンマー編 ラウェイ

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

コメント