観客席視点からの立ち技系女子格闘技

塙英理加 メキシコ遠征 イェセニア・ゴメス VS 塙英理加 WBC女子ライトフライ級タイトルマッチ 予定 ボクシング女子

2019年2月16日(土)メキシコ カンクン

WBC女子ライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 イェセニア・ゴメス Yesenia Gomez(メキシコ)
VS
挑戦者 塙英理加 はなわえりか(UNITED)

 昨年11月にOPBF女子ミニマム級チャンピオンとなった塙英理加選手(UNITED)がメキシコで世界チャンピオンに挑戦します(日本時間で2月17日)。

 王者のイェセニア・ゴメス選手は昨年9月に強豪エスメラルダ・モレノ選手を2−0で破って同タイトルを獲得、これが初めての防衛戦となります。14勝5敗3分けの23才。

 ゴメス選手はメキシコ女子特有の踏ん張りながら強パンチを打ってくるオーソドックスですが、連打も出来て、上下の打ち分けも巧み、時にはフットワークも使うという厄介なタイプ。

 塙英理加選手にとっては階級を一つ上げての挑戦となり、厳しい戦いが予想されますが、スピードでは塙選手が上だと思いますし、今回の開催地のカンクン(ゴメス選手の出身地)は標高が低く、メキシコ名物の空気の薄さを心配しなくてもいいのが好材料。

 このWBC女子ライトフライ級はかつて富樫直美選手が防衛7回を記録したベルトです。すごく強い王者が相手ですが、塙選手が勝利してこの王座を日本に持ち帰ることを願います。がんばれ!塙選手!
[情報提供:ゆめさま/g1j2p5i5さま]

イェセニア・ゴメス Yesenia Gomez(メキシコ)22戦14勝5敗3分6KO
塙英理加 はなわえりか(UNITED)13戦10勝(うちタイ人4)3敗4KO(うちタイ人2)

関連記事 塙英理加 VS ジュジース・ナガオワ OPBF女子ミニマム級王座決定戦 結果 DANGAN218 ボクシング女子

関連記事 緒方汐音 VS 塙英理加 WBOアジアパシフィック女子ライトフライ級王座決定戦 ノーカット動画 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

コメント