観客席視点からの立ち技系女子格闘技

AIBA世界女子ボクシング選手権大会 速報

 Boxing

中国・寧波(ニンポー)ヤンガー体育館
アマチュアボクシング 2分3ラウンド AIBA国際競技会ルール

2008年11月22日(土)大会初日
フライ(50キロ)級
 藤岡奈穂子○ 12-4 ×インドゥリー・サンバイマーナ(インドネシア)
ライト(60キロ)級
 稲垣美香子× 3-13 ○サンドラ・ブリューガー(スイス)

2008年11月23日(日)大会2日め
ピン(46キロ)級
 杦本里沙× 1-24 ○マリー・コーム(インド)
 杦本選手(赤)と、過去3回世界を征したコーム選手(青)
ライトバンタム(52キロ)級
 好川菜々× 3-15 ○サミハ・ハッサン(エジプト)

2008年11月24日(月)大会3日め
ライトフライ(48キロ)級
 池原久美子× 0-12 ○チェン・イーン(中国)
 チェン・イーン戦の池原選手(青)
バンタム(54キロ)級
 箕輪綾子○ 13-3 ×トンイェ・ソーリー(ノルウェー)
フェザー(57キロ)級
 水野知里× 2回*RSCH 1-24 ○サブリナ・オスターワリ(オーストラリア)
フライ(50キロ)級
 藤岡奈穂子× 4-10 ○ディアナ・チモフチェ(ルーマニア)

AIBA AIBA世界女子ボクシング選手権大会に初めての選手団を派遣した日本ですが、これまでのところバンタム級の箕輪綾子選手以外は、すでに敗退、という厳しい現実に直面しています。

 箕輪選手は、今日(26日)、ポーランドのカロリーナ・ミハエルツカ選手と対戦します。ミハエルツカ選手は、香港の選手を2回RSC(レフリー・ストップ・コンテスト = TKO)で倒して勝ち上がり、コンディションも上々と思われますが、ここはぜひとも、箕輪選手に勝ってほしいところです。がんばれ、箕輪選手!
箕輪選手記事

2008年AIBA世界女子ボクシング選手権大会
日本代表メンバー

ピン級 杦本里沙 すぎもとりさ(大阪国際大短大学部)イングリッシュファクトリージム
ライトフライ級 池原久美子 いけはらくみこ(正起屋)ABCボクシングジム
フライ級 藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(佐川急便)古川リバーサイドボクシングジム
ライトバンタム級 好川菜々 よしかわなな(大阪教育大職員)イングリッシュファクトリージム
バンタム級 箕輪綾子 みのわあやこ(日体大)
フェザー級 水野知里 みずのちさと(みぎわ保育園)ウォズボクシングジム
ライト級 稲垣美香子 いながきみかこ(JVCエンタ)

*RSCH 頭部のダメージが大きいとき宣せられるレフリー・ストップ・コンテスト(RSC)

国際ボクシング協会 (AIBA)

qbar

コメント