観客席視点からの立ち技系女子格闘技

WBAスーパーウェルター級に新王者?! アンナ・ガブリエル

 Boxing

2009年4月18日(土)コスタリカ サンホセ

WBAスーパーウェルター級ラテンアメリカ王座決定戦? 9回戦
アンナ・ガブリエル(コスタリカ)
判定3-0
×ナイリー・ヴァスケス(メキシコ)
アンナ・ガブリエル選手判定勝利
90-80½、89½-85、89½-86½

 WBAさんのニュースのページにデカデカと「スーパーウェルター級に王者ガブリエル誕生」みたいなことが書いてあったので、知らないうちにコスタリカで世界王座決定戦がおこなわれていたのかな、とビックリしましたが、この記者会見の写真を見ると、世界のベルトじゃありませんね。ラテンアメリカ王者のベルトのようです。

 ガブリエル選手はもうこの地区には戦う相手がいないので、次の試合からはヨーロッパかアメリカで戦うそうです。

 しかし、ジャッジが1/2単位で採点してるのが面白いですね。WBAでは以前から0.5ポイントきざみの、いわゆるハーフポイント制を検討していると言われていましたが、実際にやっているんですね。

 9回戦というのも初めて知りました。ドローを減少させるための新システムなのでしょう。

 おまけでガブリエル選手の過去の試合動画を貼っておきます。まるでWWEみたいなコスチューム。世界はいろいろです。

 両選手の戦績は以下のようになりました。
アンナ・ガブリエル(コスタリカ) 8戦7勝1分4KO
ナイリー・ヴァスケス(メキシコ) 3戦1勝2敗

猪崎さんの世界戦のことバナー

qbar

コメント