観客席視点からの立ち技系女子格闘技

女子ボクシング メリッサ・ヘルナンデス 8回戦で新鋭と激突

 Boxing

2009年9月18日(金) アメリカ カリフォルニア州 チュマシュ・カジノ

スーパーフェザー級 8回戦
メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)  
vs
リンジー・ガーバット(カナダ)

*この試合は中止になりました。

 アナ・ジュラトン選手(フィリピン/アメリカ)とのタイトルマッチが予定されていたこの日のヘルナンデス選手ですが、都合によりそのカードは白紙となり、代わりとしてリンジー・ガーバット選手(カナダ)とノンタイトル戦をおこなうことになりました。

 リンジー・ガーバット選手はわずか5戦3勝のキャリアしかありませんが、3勝すべてがノックアウト勝利。そして、今月1日にも勝利したばかりですが、その時の相手がWBAスーパーフェザー級2位で『リアル・ミリオンダラー・ベイビー』と呼ばれるモーリーン・シェイ選手(アメリカ)だったことから一気に注目を集める選手です。

 偶然にも倒されたモーリーン・シェイ選手はヘルナンデス選手の友人であるため、義に厚い『女番長』ヘルナンデス選手は「その日は地獄になるわ」と敵討ちを予告。ノンタイトルではありますが、非常に気になる試合です。

WIBAスーパーフェザー級チャンピオン
WBCスーパーフェザー級3位
メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)14戦11勝1敗2分4KO

リンジー・ガーバット(カナダ)5戦3勝2敗3KO

前回記事 『女パッキャオ』アナ・ジュラトン メリッサ・ヘルナンデスのWIBAタイトルに挑戦

qbar

コメント