観客席視点からの立ち技系女子格闘技

風神ライカ vs ラムドゥアン・サイカム 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年4月1日(木)東京 後楽園ホール
トゥモローズ・チャンピオン22

60kg契約 8回戦
風神ライカ(竹原&畑山)赤
VS
ラムドゥアン・サイカム(タイ)青

 ライカ選手と言えば、とにかく前に出るファイターというイメージがありますが、この日は1.簡単に近づかない2.足を使って動き回る3.ジャブで相手の攻撃を誘う4.相手の打ち終わりに仕掛ける、という理詰めのボクシングを計画していたようで、実際にジャブは出ていましたし、足も上体も動いていて「これが新型ライカ」というイメージは伝わってきました。

風神ライカ vs ラムドゥアン・サイカム
 相手のラムドゥアン・サイカム選手は体格ではライカ選手よりも一回り小さいものの、スキを狙っては積極的に打ってきます。ベタ足ながらもよく動き、ジャブも打ってくる比較的まともな選手。

風神ライカ vs ラムドゥアン・サイカム
 1回 序盤のジャブの応酬ではライカ選手がやや有利だったものの、後半にラムドゥアン・サイカム選手が連打に出てくると、ライカ選手はガードか応戦かの選択が半端なままズルズルと下がってしまい、次々にパンチを浴びてロープを背にします。

風神ライカ vs ラムドゥアン・サイカム
 2回 前回の攻勢に気を良くして出てくるサイカム選手には、もはや誘いのジャブは不要。ライカ選手は相手の打ち終わりに左フックで飛び込んで右ストレートにつなぐ攻撃に作戦を変えます。これがうまくいってサイカム選手はバックステップ。

風神ライカ vs ラムドゥアン・サイカム
 3回 下がり続けるサイカム選手を追うライカ選手。終了まぎわにロープに詰めたライカ選手はボディーに連打。これで戦意を失ったサイカム選手は2秒を残したところでダウン(ラウンド終了でもルールによりカウントは進みます)。

風神ライカ vs ラムドゥアン・サイカム
 一旦、立ち上がったサイカム選手はファイティングポーズを取らずにしゃがみ込んでしまい、立ち上がれ!と応援するタイ側応援団に目をやりながらテンカウントを聞いてKO負け。新型ライカ選手を確認したかったファンにはちょっとあっけない幕切れでした。

風神ライカ選手
60kg契約 8回戦
○風神ライカ(竹原&畑山)
3回2分8秒KO
×ラムドゥアン・サイカム(タイ)
風神ライカ選手のKO勝利

この結果戦績は以下のようになります。
風神ライカ ふうじんらいか(竹原&畑山) 27戦20勝6敗1分8KO
(戦績はJBC公認以前からの通算)

qbar

コメント