観客席視点からの立ち技系女子格闘技

AZUMA vs 大石綾乃、美保 vs PIRIKA 結果 女子キックボクシング

 MuayThai

2011年1月23日(日)
東京 後楽園ホール
NJKF15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 1

WBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦
ムエタイルール 2分5R ヒジ・ヒザあり
AZUMA(y-park/NJKFフェザー級王者)赤
VS
大石綾乃(OISHI/JーGIRLSフェザー級王者)青

AZUMA vs 大石綾乃
 両者のローキックとワンツーが交錯してはじまった第1ラウンド。1分過ぎにAZUMA選手が得意のバックスピンキックを見せます。

AZUMA vs 大石綾乃
 しかし、第2ラウンドで左右のフック、ストレートを命中させた大石選手が首相撲でも優位に展開。流れはやや大石選手か。

AZUMA vs 大石綾乃
 第3ラウンドではAZUMA選手が的確にヒットを奪って流れを戻しますが…

AZUMA vs 大石綾乃
 第4ラウンドは両者がパンチ、キック、ヒザ蹴りともほとんど互角で大接戦に。

AZUMA vs 大石綾乃
 最終ラウンドは出てくるAZUMA選手に大石選手が鮮やかな右のカウンターパンチ。さらに左アッパー。

AZUMA vs 大石綾乃
 いったん距離をつぶして組みに行くAZUMA選手ですが、大石選手が効果的にヒザをあてます。

大石綾乃
 判定はスプリットで大石綾乃選手の勝利。

WBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦
ムエタイルール 2分5R ヒジ・ヒザあり
×AZUMA(y-park/NJKFフェザー級王者)
判定1-2
○大石綾乃(OISHI/JーGIRLSフェザー級王者)
スプリットデシジョンで大石綾乃選手の勝利。WBCムエタイ日本女子フェザー級王者となりました。

アトム級 3分3R
美保(KFG)赤
VS
PIRIKA(キング)青

美保 vs PIRIKA
 第1ラウンドは美保選手のロングレンジの打撃にPIRIKA選手は苦戦。

美保 vs PIRIKA
 第2ラウンド バックハンドブローの奇襲攻撃を命中させたPIRIKA選手がハイキック、バックスピンキック、右ストレートなどで優勢に進めてポイントをかせぎます。

 しかし最終ラウンドには動きがパターン化したPIRIKA選手はやや手詰まり。ジャブと前蹴りで盛り返す美保選手。


 三人のジャッジはPIRIKA選手を支持して接戦に終止符が打たれました。

アトム級 3分3R
×美保(KFG)
判定0-3
○PIRIKA(キング)
ユナニマスデシジョンでPIRIKA選手の勝利。
試合後PIRIKA選手は「キングジムに移籍しました。ボニータボクセオを盛り上げていきたいです。」と語りました。

関連記事 オージー・ムエタイを女子キック王者が迎撃 AZUMA vs メリッサ・ノートン 詳細

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

コメント

  1. 格闘ファン より:

    ピリカ選手リベンジよかったです☆NJKFに新たな女子がきてまた盛り上がりそう。
    大石選手は‥AZUMA選手の動きは、悪かったけど、AZUMA選手勝ったでしょ!
    また再戦をしてもらいたいですな。