観客席視点からの立ち技系女子格闘技

奈良判定どころではないプロボクシングの深いヤミ 松田恵里 VS 葉月さな アトム級6回戦 試合経過 ボクシング女子

 Boxing

2018年8月20日(月)東京 後楽園ホール
VICTORIVA Vol.2

松田恵里-1 葉月さな-2
第4試合 アトム級 6回戦
松田恵里 まつだえり(TEAM 10COUNT)青
VS
葉月さな はづきさな(YuKO)赤

 青コーナーはリングアナの須藤尚紀氏の言うところの「国体優勝の実績から4回戦免除、本日B級6回戦デビュー」の松田恵里選手。赤は黒木優子選手でおなじみの福岡のYuKOフィットネスボクシングジムの葉月さな選手。


 国体の女子ボクシングって2016年に始まったばっかりで、その時の優勝者は和田まどか選手だった記憶があるので、青の選手は2017年の優勝なのかなと思ってましたが(日本のアマボクシングへの関心はしばらく前から崩壊状態でまったく把握しておりません…)、調べてみたら2017年も優勝は和田まどか選手。

 で、松田選手の優勝した大会というのは、国体の下の関東ブロック大会の、そのまた下の神奈川県大会だったようです。松田選手は2017年の国体に出場していますが準々決勝敗退(第5位)です。

 須藤さん、JBC公式リングアナなんだからちゃんとしましょうよ。

 以前も、なでしこジャパンでもなく、なでしこリーグでもなく、その下のなでしこチャレンジリーグ出身の選手をなでしこ呼ばわりしていましたが、こういう体質やめてくれませんか。日本人はそういうの好きじゃないですよ。

 あとですね、そういう話題性で釣ろうという感性、本当にダサいです。

葉月さなvs松田恵里-4
葉月さなvs松田恵里-5
葉月さなvs松田恵里-6
 それはともかく、試合は両選手最初からフルスロットルで飛ばします。初めて見る松田選手はサウスポーのきれいな構えで、パンチのスピードもあります。

葉月さなvs松田恵里-7
葉月さなvs松田恵里-3
 対する葉月選手の動きもよく、快調という感じ。

葉月さなvs松田恵里-8
 きっちりボディを打ってくるのもアマ出身選手のいいところ。プロに慣れると省略しちゃうひともいますが、これは大事な武器なんで忘れないでほしいですね。

葉月さなvs松田恵里-9
 ストレートの出し方もいさぎよいし、好感を持って見てましたが・・

葉月さなvs松田恵里-11
 初回から早くもクリンチですよ。

葉月さなvs松田恵里-10
 しかもホールドまがいのヘタなクリンチ。

 日本のアマボクシングってすごく特殊な世界で、海外とは違ういろんなローカルな習慣があるようで、近接戦を異常に嫌うのもそのひとつのようです。選手どうしが接近すると異様に早くレフリーが二人を分けちゃうんですよね。ですから、接近戦の技術がないみたいです。

 松田選手もそういうのに慣れすぎているみたいで、中間ではちゃんと手を出すけど、近づくと攻撃しないで相手にくっついてブレイクかけられるのを待つ感じ。ハナっからショートレンジの攻撃を捨ててるっぽい・・。これはプロではマズイっすね。

葉月さなvs松田恵里-12
 自分が攻め込まれている時には仕方ないけど、自分が攻めている時にもクリンチに行っちゃうんですからいけません。

葉月さなvs松田恵里-13
葉月さなvs松田恵里-14
 そんなこんなで、1~2ラウンドは互角と言ってもいい展開でしたが、第3ラウンドから葉月選手がギアをあげて攻勢に出ます。

葉月さなvs松田恵里-15
 松田選手もこういういいパンチで応戦するのですが・・

葉月さなvs松田恵里-16
 そのまま突っ込んでスタックしてしまうので流れにならず。

葉月さなvs松田恵里-17
葉月さなvs松田恵里-18
 試合中盤、中間距離でしのぎを削る両者ですが・・

葉月さなvs松田恵里-19
 接近戦ではただ身を寄せてブレイクを待つ松田選手に葉月選手が容赦なくボディ。第4ラウンドは松田選手にはつらい時間となります。

葉月さなvs松田恵里-20
葉月さなvs松田恵里-21
 密着状態で続けて顔面を叩いてまたボディ。

葉月さなvs松田恵里-22
 ショートで差をつける葉月選手。

葉月さなvs松田恵里-23
葉月さなvs松田恵里-24
 リング中央でも引き続き葉月選手が攻勢。

葉月さなvs松田恵里-25
葉月さなvs松田恵里-26
 クリンチに行くというよりもただ単に接近して打たれる松田選手。

葉月さなvs松田恵里-27
 きれいな攻撃をきれいに避ける葉月選手。

葉月さなvs松田恵里-28
 松田選手のパンチは正確なのですが当たったところから伸びないので軽い感じ。

葉月さなvs松田恵里-29
 ショートレンジは葉月選手が支配しています。

葉月さなvs松田恵里-30
 第5ラウンド 相変わらずクリンチにいってボディを叩かれる松田選手。

葉月さなvs松田恵里-31
葉月さなvs松田恵里-32
 執拗な密着を振り払うようにして打ち込む葉月選手。

葉月さなvs松田恵里-33
 松田選手の攻撃を見切っている葉月選手。3、4、5ラウンドは葉月選手の回だったでしょう。

葉月さなvs松田恵里-34
葉月さなvs松田恵里-35
 最終ラウンドも強気に攻める葉月さな選手。

葉月さなvs松田恵里-36
葉月さなvs松田恵里-37
 打ちながら結局クリンチに行くパターンがやめられない松田選手ですが・・

葉月さなvs松田恵里-38
 さすがにこのラウンドは積極的。

葉月さなvs松田恵里-39
葉月さなvs松田恵里-40
葉月さなvs松田恵里-41
 しかし、きれいすぎる攻撃は葉月選手に読まれていたので、 

葉月さなvs松田恵里-42
 中間距離を捨て間合いをつめてしつこく打ち始め、

葉月さなvs松田恵里-43
 最後は少し泥臭い攻めを見せたものの、時すでに遅く、いい形にはなりませんでした。

松田恵里-44
 中盤の3ラウンドは葉月選手が取っていたので、葉月選手の勝利は濃厚、悪くてもドローという印象でしたが、ジャッジ3名が支持したのは全員一致で松田選手。

松田恵里-45
 むかしからプロボクシングの判定には疑問がつきもので、大きなジムの選手が勝つとか、言われていますよね。

 さらに女子なら「グラビアアイドル」「現役女子高生」「なんとかカフェ店長」「芸能活動しています」「なんとかリーグ出身」みたいなどうでもいいことをボクシング業界のおじさんたちが喜ぶ風潮があって、なんともバカバカしい話です。

 松田選手の場合はリングアナさんが「期待の新星」なんて呼んでましたし、この試合の後にチャンピオンのインタビューに無断で『乱入』させるという最低の演出もありましたし、どうやら試合前から『松田推し』は決まっていたような印象です。

 実際に決まっていたかは知りませんが、印象はそうでした。

 勝者の手を挙げる係である葛城明彦レフリーは判定が読み上げられる前から松田選手の方しか見ていませんでした。

松田恵里-46
 少し前からアマの奈良判定なんてものが話題になっていますが、プロではずっと前々から大阪判定、名古屋判定、東京判定という、要するにホームびいきが公然と言われています。

 というのは、実は試合のジャッジやレフリーを振り分けているJBCさんというのが一枚岩ではなく、北海道、東京、中部、関西、西部というように別組織なんです。

 開催地区によってレフリーやジャッジはその地区の人(つまり地元の人)が担当するのです。

 で、今回のジャッジを担当した吉田和敏さん、福地勇治さん、山岸善明さんは全員JBC東京のひと。

 松田恵里選手の属するTEAM 10COUNTさんは神奈川のジム。

 葉月さな選手は福岡のYuKOフィットネスボクシングジム所属。福岡はJBC東京とは無関係のJBC西部の管轄。

 ということで葉月選手にとっては後楽園ホールはアウェイだったんですね。

 実際に何があったのかは知りませんが、状況的にはこういうことです・・・。

 なお、この大会は有料動画サイトボクシングレイズさんで全試合録画配信されています。

第4試合 アトム級 6回戦
○松田恵里 まつだえり(TEAM 10COUNT)
判定 3-0
×葉月さな はづきさな(YuKO)
松田恵里選手の判定勝利
(57-58、56-58、56-58)

この試合の結果、松田選手は日本アトム級3位、葉月選手は6位にランクされました。

松田恵里 まつだえり(TEAM 10COUNT)1戦1勝(うちタイ人0)
葉月さな はづきさな(YuKO)11戦6勝(うちタイ人1)4敗1分2KO(うちタイ人1)

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

コメント