観客席視点からの立ち技系女子格闘技

動画配信で見た感想 江畑佳代子 VS 多田悦子 WBOミニフライ級タイトルマッチ、藤原芽子 VS 三好喜美佳 OPBFフェザー級タイトルマッチほか 結果 ボクシング女子

 Boxing

real_spirits2018年12月1日(土)大阪 エディオンアリーナ
REAL SPRITS 60

 ボクシングレイズさんの有料配信で観戦した感想を書きます。

WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ 10回戦
×王者 江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
判定 0-3
○挑戦者 多田悦子 ただえつこ(真正)
多田悦子選手が判定勝利でWBO女子世界ミニフライ級王者となりました。
(92-98、92-98、93-97)

 多田選手が中央からプレッシャーをかけ、江畑選手が右に左にサークリングする形が10ラウンドまで続きました。多田選手の左右のパンチは威力を増している感じで、江畑選手はなかなか入っていけません。江畑選手は前戦までの王者らしい戦い方を出来ずに敗戰。多田選手の見事な復活劇です。


OPBF東洋太平洋女子フェザー級タイトルマッチ 8回戦
○王者 藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
判定 3-0
×挑戦者 三好喜美佳 みよしきみか(OPBF同級前王者/川崎新田)
藤原芽子選手が判定勝利で同王座の防衛に成功しました。
(77-76、77-76、77-75)

 前の対戦から間を置かずに再戦となったこのカードですが、スコアのとおり前回よりもずっと競った試合になりました。両選手ともヒットは同じくらいだと思いますが、パンチの威力で藤原選手の勝利です。

WBOアジアパシフィック女子ミニフライ級王座決定戦 8回戦
×ワッサナ・カームデー Wassana Kamdee(タイ)
TKO 第3ラウンド
佐伯霞 さえきかすみ(真正)B級ライセンス
佐伯霞選手がTKO勝利でWBOアジアパシフィック女子ミニフライ級王座を獲得。
(ワッサナ・カームデー選手は第1ラウンドと第3ラウンドにそれぞれダウン1)

 A級ライセンスのない佐伯選手とタイのバイトさんの茶番劇。

OPBF東洋太平洋アトム級王座決定戦 8回戦
松田恵里 まつだえり(TEAM10COUNT)B級ライセンス
判定 3-0
×慶美奈代 けいみなよ(真正)B級ライセンス
松田恵里選手が判定勝利でOPBF東洋太平洋アトム級王座を獲得。
(79-72、79-72、79-72)
(慶美奈代選手は第4ラウンドにダウン1)

 ノンタイトル戦なら「経験値になった試合」と書いたかもしれませんが、A級ライセンスがない二人でおこなわれたタイトルマッチですからインチキとしか言えません。

 松田選手は離れたところでの動きは良くても突進されると対応出来ず、接近戦の技術がないのも相変わらず。今回は中間距離でいいのが2発ぐらい当たりましたが、技術の向上なのかラッキーなのかは疑問。当てたパンチの数は慶選手と互角程度。なお、負けた慶選手は試合後にA級に昇格しています。どういうことなのかさっぱり分かりません。

バンタム級 4回戦
谷山佳菜子 たにやまかなこ(ワタナベ)
TKO 第2ラウンド
×スマリー・トンプートーン Sumalee Tongpootorn(タイ)
谷山佳菜子選手がTKOで勝利。

 空手とキックで世界王者だった人のボクシングデビュー戦はバイトさん相手のカマセマッチ。足の故障のためにキックを引退した谷山選手ですが、一見してやはり完治してないようで、おそらくボクシングのフットワークは出来ないでしょう。

アトム級 4回戦
澤井乃美 さわいなみ(井岡弘樹)
ドロー 1-1
村井理 むらいりん(グリーンツダ)
ドロー
(39-39、38-39、39-37)

 サウスポーの村井選手に対して、セオリー通りに左に回る澤井選手。こうされると村井選手は利き腕の左が当たりません。あせった村井選手はジャブを打つのをやめ、右腕を相手にからめた状態にしてようやく左を当てます。澤井選手もその体勢のまま右で打ち返します。その後もハーフクリンチ(片腕だけのクリンチ)の形で両者が殴り合う見苦しい状態が続き、どちらも決定打がないままドロー。

江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)20戦12勝(うちタイ人6)8敗2分6KO(うちタイ人3)
多田悦子 ただえつこ(前IBF女子世界ミニフライ級王者/真正)23戦18勝(うちタイ人8)3敗2分5KO(うちタイ人5)
藤原芽子 ふじわらわかこ(現OPBF女子フェザー級および日本女子フェザー級王者/真正)11戦7勝(うちタイ人0)2敗2分1KO(うちタイ人0)
三好喜美佳 みよしきみか(OPBFフェザー級前王者/川崎新田)26戦13勝(うちタイ人3)12敗1分5KO(うちタイ人3)
ワッサナ・カームデー(タイ)8戦3勝5敗2KO
佐伯霞 さえきかすみ(真正 B級ライセンス)3戦3勝(うちタイ人2)2KO(うちタイ人2)
松田恵里 まつだえり(TEAM10COUNT B級ライセンス)2戦2勝(うちタイ人0)
慶美奈代 けいみなよ(真正 B級ライセンス)10戦6勝(うちタイ人0)4敗1KO(うちタイ人0)
谷山佳菜子 たにやまかなこ(ワタナベ)1戦1勝(うちタイ人1)1KO(うちタイ人1)
スマリー・トンプートーン(タイ)26戦9勝16敗1分
澤井乃美 さわいなみ(井岡弘樹)4戦2勝(うちタイ人1)1敗1分1KO(うちタイ人1)
村井理 むらいりん(グリーンツダ)1戦1分

関連記事 JBCさん、女子のライセンスどうなってるの? いつからB級でも東洋タイトルマッチ出来るようになったの? なんのための日本女子王座なの? ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

コメント

  1. g1j2p5i5 より:

    本日16日16時55分~BSフジ 4K放送もあり

    多田悦子〜ボクシングにかけた人生〜

    本人も山下会長も番宣はナシ