観客席視点からの立ち技系女子格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク

OPBF秩序崩壊タイトルマッチ第2弾 廣本江留香 VS イム・チャンミ OPBF女子ミニマム級王座決定戦、成田佑美 VS 葉月さな、平山夢 VS X 予定 SANEI FIGHT PROBOXING ボクシング女子

 Boxing

2019年6月9日(日)広島 NTTクレドホール
SANEI FIGHT PROBOXING

OPBF東洋太平洋女子ミニマム級王座決定戦 8回戦
廣本江瑠香 ひろもとえるか(広島三栄)
VS
イム・チャンミ Chan-Mi Im(韓国)

ミニマム級 6回戦
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)
VS
葉月さな はづきさな(YuKO)

フライ級 6回戦
平山夢 ひらやまゆめ(YuKO)
VS
未定

OPBF東洋太平洋王座というのはA級ライセンスの王座(でした)。

また、日本女子王座が誕生してからは「まず日本女子王座を獲ったあとでOPBFへの挑戦資格が与えられる」という約束がありました。

しかし、昨年12月に松田恵里選手(TEAM10COUNT)がこの2つの条件を完全に無視して「A級ライセンス無し・日本女子王座無し」の状態でOPBF王座を獲得しました。

こんな無茶苦茶をやっても誰も文句を言う人はいなかったらしく、現在ではOPBF東洋太平洋はA級ライセンスが無くても、日本女子王座が無くても、誰でも獲れるお手軽王座に成り下がり、6月には松田選手に続いて廣本江瑠香選手もB級ライセンスで王座決定戦に出場することになりました。もちろん廣本選手は日本女子王座の獲得実績もありません。

そりゃあ、こうなりますよね。誰かがズルして王者になって全然批判されないのなら「わたしも!」ってなりますよ。

しかも、廣本選手の決定戦の相手はすでに昨年対戦している韓国のイム・チャンミ選手。廣本選手が3-0で勝ちましたから、今度も勝つでしょう。廣本選手がOPBFを獲ることはすでに決定です。

もう、試合しないでベルト巻いちゃえば良いですね。おめでとう。

廣本江瑠香 ひろもとえるか(広島三栄)4戦4勝(うちタイ人0)B級ライセンス
イム・チャンミ(韓国)11戦4勝6敗1分4KO
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)9戦3勝(うちタイ人0)3敗3分1KO(うちタイ人0)
葉月さな はづきさな(YuKO)11戦6勝(うちタイ人1)4敗1分2KO(うちタイ人1)
平山夢 ひらやまゆめ(YuKO)3戦3勝(うちタイ人0)

*日時 2019年6月9日(日)開始13時
*場所 広島 NTTクレドホール
*料金 15000円/12000円/10000円/7000円/5000円
*問合せ 広島三栄プロモーション 082-261-1830
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。

関連記事 廣本江留香 VS イム・チャンミ 4回戦 結果 SANEI FIGHT PROBOXING ボクシング女子

関連記事 JBCさん、女子のライセンスどうなってるの? いつからB級でも東洋タイトルマッチ出来るようになったの? なんのための日本女子王座なの? ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク