観客席視点からの立ち技系女子格闘技

テコンドー日本代表 岡本依子 引退へ

 Kick Boxing

 北京オリンピックでテコンドー日本代表選手だった岡本依子(おかもとよりこ)選手が引退への意向を発表されました。

 岡本選手の最大の栄誉は2000年シドニーオリンピックでの銅メダルの獲得ですが、当ブログQR的には、やはり「世界で一番危険な女」ルシア・ライカー選手とのK-1ルールでの対戦の印象が強いです( K-2 グランプリ ‘93)。

 急遽代役で出場した試合にもかかわらず、全盛期のルシア・ライカー選手に正面から戦いを挑んだ姿は、とても感動的でした。

 37才まで現役を続けたファイティングスピリットにも深く敬意を表します。岡本依子選手、長い間ありがとうございました!

K-2風林火山 山の章
~K-2 GRAND PRIX ’93~
ルシア・ライカー vs 岡本依子

レンタル店で見つけられたらラッキー。
(VHSテープです。DVDはありません。)

関連リンク ルシア・ライカー

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

qbar

コメント