観客席視点からの立ち技系女子格闘技

富田美里vsAZUMA 女子シュートボクシングマッチ 詳細

icon_shootboxing

AZUMA選手2009年5月16日(土)東京 新宿FACE
女子総合格闘技ジュエルス 3rd Ring

SBレディース 53.5kg級契約
スターティングクラスルール 2分3ラウンド(延長1ラウンド)
×富田美里(シーザージム)
 判定1-2
AZUMA(y-park)
AZUMA選手の判定勝ち
(28-29、30-29、28-29)
3Rに富田選手がシュートポイント1

富田美里
 長身でリーチがあるAZUMA選手のフトコロに、小柄な富田選手がいかにして飛び込んで接近戦に持ち込むか、それがこの試合のポイントでした。

AZUMA
 しかし、富田選手はリーチ差をまるで考えに入れてないかのように普通に相手の正面に立ち、無防備に打ち合いを仕掛けます。当然のように飛んでくるAZUMA選手のストレート。組み合ってからの打点の高いヒザ蹴りもあって富田選手は苦しい立ち上がり。

富田美里 AZUMA

AZUMA
 AZUMA選手の伸びのある右、速い左が次々に富田選手にヒット。フットワークも無く、上体の位置を変化させるわけでもなく、単に前に出続けるだけの富田選手はAZUMA選手のパンチのカッコウの餌食。

富田美里 AZUMA
 3ラウンドに富田選手の投げが炸裂しシュートポイント1を奪いますが、時すでに遅く、判定は2-1のスプリットでAZUMA選手の勝利。富田選手、勝利への戦略がまったく見えない試合でした。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

コメント