観客席視点からの立ち技系女子格闘技

セシリア・ブレークフス WBA/WBCウェルター級初防衛に成功

 Boxing

2009年5月30日(土) フィンランド ヘルシンキ

WBA/WBCウェルター級タイトルマッチ 10回戦
セシリア・ブレークフス(ノルウェー)
 判定3-0
×エイミー・ユラトヴァック(インド/アメリカ)
ユナニマス・デシジョンでセシリア・ブレークフス選手の勝利

 だいぶ前の話になってしまいますが、5月30日にWBAとWBCの二団体のウェルター級チャンピオンであるセシリア・ブレークフス選手が判定で初防衛に成功しました。

 この二本のベルトはどちらも人気者のホリー・ホルム選手(アメリカ)が手放したもので、ホルム選手は現在はWIBAの防衛戦をメインに活動しています。

 WBAやWBCとしては、ブレークフス選手をライバル団体のホルム選手よりも人気のあるスターとして育てたいところでしょうが、はたしてうまくいくでしょうか。


 セシリア・ブレークフス選手のプロモビデオも作られ、防衛戦も成功しましたが、試合内容は中盤で息切れした挑戦者をブレークフス選手は仕留めることが出来ず、イマイチの内容だったようです。

今回の対戦の結果両者の戦績は以下のようになりました。
セシリア・ブレークフス(ノルウェー) 12戦12勝2KO
エイミー・ユラトヴァック(インド/アメリカ) 9戦6勝3敗6KO

猪崎さんの世界戦のことバナー

qbar

コメント