観客席視点からの立ち技系女子格闘技

フランスの女子K1マッチ サラ・ムーサダック VS イ・ジウォン 結果&ノーカット動画 GLORY 64 Strasbourg キックボクシング女子

 KickBoxing

2019年3月9日(土) フランス ストラスブール
GLORY 64 Strasbourg

K1ルール スーパーバンタム級 3分3R
サラ・ムーサダック Sarah Moussaddak(フランス)白のグローブ
VS
イ・ジウォン 이지원(韓国)黒のグローブ

 今月9日にフランスでおこなわれた『グローリー・キックボクシング』の試合です。

 白コーナーはフランスの18才、サラ・ムーサダック選手。プロデビュー以来8戦全勝の注目のティーネイジャー。

 黒コーナーは韓国のイ・ジウォン選手。彼女は中学生の時にJ-GIRLS韓国トーナメントに優勝し、10代の頃から知られていました。現在21才の韓国女子キックを代表する選手です。

 試合は序盤からイ・ジウォン選手のパンチが冴え、第1ラウンドは完全に取ったと思われましたが、5人のジャッジのうち4人がムーサダック選手を支持。ホーム判定というやつでしょうか?フランスのジャッジはレベルが低いようです。

 続く第2ラウンドはムーサダック選手が綺麗なハイキックを見せ、ムエタイルールなら高ポイントだったと思いますが、これはK1ルールなのでパンチのラッシュが印象的だったイ・ジウォン選手が優勢のハズ。しかし、またもやジャッジの過半数がムーサダック選手を支持・・。これでKO以外でのイ・ジウォン選手の勝利は無くなります。

 第3ラウンドは両者互角で判定へ。 結果は4−1でムーサダック選手の勝利でした。 ムーサダック選手のキックは本当に素晴らしいと思いますが、パンチでは数段イ・ジウォン選手のほうが上。これで勝たせてもらえるのなら選手は伸びませんよね。おフランスのジャッジの皆さんには再教育が必要のようです。

K1ルール スーパーバンタム級 3分3R
○サラ・ムーサダック Sarah Moussaddak(フランス)
判定 4−1
×イ・ジウォン 이지원(韓国)
サラ・ムーサダック選手が判定勝利
(30−27、28−29、30−27、30−27、29−28)

March 9th, 2019, Strasbourg, France
Super-Bantamweight 3x3mins
Sarah Moussaddak (France) vs Ji-Waen Lee (Korea)
Winner Sarah Moussaddak (France) by split decision

関連記事 すごくいい試合 アメル・デビー VS イ・ジウォン ノーカット動画 グローリー女子キックトーナメント キックボクシング女子

人気ブログランキング
にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

コメント