観客席視点からの立ち技系女子格闘技

全弾パワーパンチの戦い ハセス・ノリエガ VS ヴィクトリア・トレス WBC女子スーパーフライ級シルバー王座決定戦 ノーカット動画 ボクシング女子

 しかし、試合は第1ラウンドから重いパンチが飛び交う好試合になります。メキシコ女子にはグッと踏ん張ってパワーパンチを打ち込む選手が多いですが、この両選手がまさにそれで、しかも、全部が全部と言えるほどパワーパンチです。

 ブンブンうなるような打撃の応酬は一見大味に見えるかもしれませんが、両選手とも相手のパンチをけっこうギリでかわしながらほぼノークリンチで戦っていて、レベルは高いです。この手数をお互いにかわしながら打っているんですから見ごたえありますよね。

 放送席の採点は一進一退でどっちが勝つのかまるでわかりません。中盤以降は両者ともにかわしきれずに打たれる場面も出てきますが、打撃の威力は相変わらずで、最後までどっちが勝つのかわかりませんでした。

 判定はスプリットでハセス・ノリエガ選手の勝利。良い試合でした。

WBC女子スーパーフライ級シルバー王座決定戦
○ハセス・ノリエガ Jasseth Noriega(メキシコ)
判定 2−1
×ヴィクトリア・トレス Victoria Torres(メキシコ)
ハセス・ノリエガ選手の判定勝利
(97−93、94−96、96−94)

ハセス・ノリエガ(メキシコ)31戦25勝4敗2分5KO
ヴィクトリア・トレス(メキシコ)10戦9勝1敗3KO

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

コメント

  1. queensofthering1 より:

     本文では書きませんでしたが、実は、ノリエガ選手は世界戦を一度だけ経験しています(2013年12月)。

     その相手は安藤麻里選手でした。大阪での試合で、ノリエガ選手はダウンを奪いながらも判定負け。

     ナイト選手と引き分ける実力者のノリエガ選手が、ダウンを奪っても、安藤選手13勝(うちタイ人5)10敗6KO(うちタイ人5)に負けになってるんですよね。

     その試合は観戦していませんし、動画もないのでこれ以上は言えませんけど、補足情報ということです。

     その後、安藤選手はせっかく巻いたベルトを一度も防衛出来ずに陥落しています。