観客席視点からの立ち技系女子格闘技

スージー・ケンティキアン vs アレリー・ムシーノ 不運な結末 女子ボクシング

 Boxing

2010年7月17日(土)ドイツ シュヴェリーン

WIBF/WBA/WBOフライ級タイトルマッチ
王者 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
VS
挑戦者 アレリー・ムシーノ(メキシコ)

 フライ級3団体統一王者スージー・ケンティキアン選手(ドイツ)がメキシコのアレリー・ムシーノ選手を挑戦者に迎えた試合は、3回に偶然のバッティングでケンティキアン選手が頭部に裂傷を負い無効試合となりました。

 ケンティキアン選手の傷は髪の生え際なので映像では見えにくいですが、傷口が4センチに達していたということです。

 日本国内の規定ではこのような場合はドロー扱いになりますが、海外では無効試合となることが多いようです。

 挑戦者のムシーノ選手の動きが期待どおりに素晴らしく、好試合となりそうな序盤だっただけに、この結末は非常に残念です。

WIBF/WBA/WBOフライ級タイトルマッチ
王者 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
無効試合
挑戦者 アレリー・ムシーノ(メキシコ)

 この結果を含む両者の戦績は以下のとおりです。
スージー・ケンティキアン(ドイツ)28戦27勝1無効試合16KO
アレリー・ムシーノ(メキシコ)12戦10勝1分1無効試合6KO

関連記事 注目のビッグマッチ スージー・ケンティキアン vs ナディア・ラオウイ 結果

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

コメント

  1. くーた より:

    スージー選手、痛そう。これは再戦ですかね。