観客席視点からの立ち技系女子格闘技

三団体統一王者セシリア・ブレクフス TKO防衛 女子ボクシング

 Boxing

2010年10月30日(土)ドイツ ロストック

WBA/WBC/WBOウェルター級タイトルマッチ 10回戦
○王者 セシリア・ブレクフス(ノルウェー)
TKO 7回
×挑戦者 ミカエラ・ローレン(スウェーデン)
レフリーストップでセシリア・ブレクフス選手の勝利。

 WBA/WBC/WBOウェルター級三団体統一王者のセシリア・ブレクフス選手がレフリーストップTKOでスカンジナビア・ダービーを制し、三本のベルトを守りました。

 挑戦者のミカエラ・ローレン選手は身長とリーチで有利でありながら、ブレクフス選手の素早いフットワークとシャープなパンチの前にほぼ何も出来ず、最初から試合は王者ペース。

 6回から本格的にコンビネーションを打ち始めた王者は、7回に右のダブルアッパーから左フックでダウンを奪い、そのままレフリーストップTKOとなったということです。

 そろそろセシリア・ブレクフス選手とホリー・ホルム選手の対決を見てみたいんですが、ホルム選手のマネージャーが来年はMMAに進出などとわけの分からないことを言ってますから、実現はまだ遠いでしょうか?

この試合の結果両者の戦績は以下のようになりました。
セシリア・ブレクフス(ノルウェー)15戦15勝3KO
ミカエラ・ローレン(スウェーデン)7戦6勝1敗1KO

関連記事 これから注目の5人の海外女子ボクサー

qbar

コメント