観客席視点からの立ち技系女子格闘技

JBC ボクシング4団体の統一戦を認可!

 Boxing

belts JBCさんが今月28日に開かれる委員長会議で「日本人世界チャンピオンがWBO、IBF統一戦に参加することを認める方針である」ことが報道されました。

JBC、未公認世界団体と統一戦を許可へ

 これは日本の女子ボクシングにとって大きな前進になる決定だと思います。JBCさん、本当にありがとうございます!

 今回のJBCさんの決定により、女子では次のような試合が実現可能となります。

 WBAミニマム級(47.6kg)チャンピオン多田悦子選手(フュチュール)と、WBOミニフライ級(47.6kg)チャンピオンティーラポン・パンニミット選手(タイ)の「二団体統一戦」

 WBCライトフライ級チャンピオン富樫直美選手(ワタナベ)と、WBO/WBA同級チャンピオンジェシカ・ボップ選手(アルゼンチン)の「三団体統一戦」

(写真上からWBO/IBF/WBC/WBAの女子世界王者ベルト)

関連記事 日本人選手も多団体統一戦への参加が可能に? 東日本ボクシング協会がWBO、IBFへの加盟要望

関連記事 日本もWBO加盟へ 検討スタート ボクシング鎖国解除の動き

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

コメント

  1. 次元 より:

    いいすね!これはいいニュース。

  2. miklikov より:

    どっはっは!
    富樫選手、ぜひ統一戦をやってアメリカに進出してくれよ!

  3. SZK より:

    うーん、ついに来ました!
    これで可能性がずいぶん広がった。
    女子にはIBFはあまり意味が無いんでWIBFかIFBAのほうがいいですが。
    しかし今まで待ったんでこれからもおれは希望を持って待ちますよ!

  4. queensofthering より:

    あとで振り返ってあの時に流れが変わったなあと思えるようないい決定ですね。
    遅すぎたという人もいますがいいことを決めるのに遅すぎるということは無いですよ。
    JBCさんグッドジョブです。