観客席視点からの立ち技系女子格闘技

風神ライカ VS チェ・ヒョンミ WBAスーパーフェザー級暫定王座決定戦 結果&ダイジェスト動画 ボクシング女子

 Boxing

2013年8月15日(木)韓国 韓国 インチョン ウィルミド公園特設リング

WBAスーパーフェザー級暫定王座決定戦 10回戦
風神ライカ(竹原&畑山/OPBFライト級王者)
VS
チェ・ヒョンミ(韓国/前WBAフェザー級王者)

 風神ライカ選手(竹原&畑山)が韓国のチェ・ヒョンミ選手と10回戦を戦いました。

 韓国の報道ではこの試合は『WBAスーパーフェザー級王座決定戦』となっていますが、実際には今回は暫定王座決定戦。WBAフェザー級正規王者は依然としてペルーのキナ・マルパルティーダ選手です。


 動画を見る限りライカ選手も果敢に攻め込んで持ち味を出していますが、2~4ポイント差で勝利を逃しました。

 当初はこの試合はソウルの屋内体育館で行われる予定でしたが、どういうわけか予定は変更されて屋根もなにもない炎天下での試合となりました。

 チェ・ヒョンミ選手陣営は会場も借りられないほどの資金難だということでしょうか。韓国ボクシング界の苦難はまだまだ続きそうです。

WBAスーパーフェザー級暫定王座決定戦 10回戦
×風神ライカ(竹原&畑山/OPBFライト級王者)
判定 0-3
○チェ・ヒョンミ(韓国/前WBAフェザー級王者)
チェ・ヒョンミ選手の判定勝利
9 3-97、9 3-97、94-96

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。
風神ライカ ふうじんらいか(竹原&畑山)34戦25勝8敗1分10KO
チェ・ヒョンミ(韓国/前WBAフェザー級王者)9戦8勝1分2KO
(戦績はJBC公認以前からの通算です)

関連記事 WBCミニフライ級タイトル戦 藤岡奈穂子 vs カニター 詳細 ボクシング女子

関連記事 プレイバック G Legend1 女子ボクシング

関連記事 期待の新王者誕生 アナベル・オルティス vs 藤岡奈穂子 WBCミニフライ級タイトルマッチ 詳細 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

コメント

  1. g1j2p5i5 より:

    今晩わ        WBA最新ランクより マルパルティーダ 突然の辺/剥(ランク外)にて チェが正規王者となりました   読売新聞でも以前チェの特集記事がありました   総会で親密だったWBA首脳とマルパルティーダの間に何があったか不明ですが・・   
    なお一位は引退したメンツァーです   

  2. queens of the ring より:

    マルパルティーダ選手は昨年でしたか酒気帯び運転の疑いで警察のお世話になってからは試合をしていないので防衛期限切れでしょうか。だとすると次のランキングで再浮上してくる可能性濃厚。しかし、韓国の経済状況を考えるとチェ・ヒョンミ選手との試合はむずかしそうですね。

  3. g1j2p5i5 より:

    お早うございます    情報有難うございます!   さすがお詳しいですね   まさかウォルバーグに続いて陥落とは   ライカも勝ってさえいればあるいは・・・

    メンツァー  復帰なんでしょうか?   富樫や秋田屋のランクインも呆れますが まさか一位とはね・・・
    男ボクの方でも「暫定廃止」とか「ロマゴン  スーパー王座返上」とかウソだらけ   無視や糾弾するなら 皆で一斉にやらないと・・・